注文住宅 茨城県水戸市 高断熱・省エネ住宅なら ライフボックス一級建築士事務所

 

 
 
 
 
 

“燃費半分の家”モニター募集のお知らせ。

「モニターハウス」って何?   

当社は常設の住宅展示場を持っておりません。

というのは、住宅展示場の運営にはかなり大きなコストがかかるため、そのコストが結局は建てるお客様の建設費に転嫁されることになるからです。

でもやはり「実際の家をこの目でよく見て確かめてみたい」とおっしゃるお客様が多いのも、また事実です。

そこで住宅展示場を作る代わりに、お客様が建てる家を当社がご入居前の一定期間(3ヶ月程度)借り受け、オープンハウスとして公開させていただく制度、それがモニターハウスです。

 

  「モニターハウス」の特典は?

  高性能 エアコン リビング14畳用  

  ダイニングテーブル・椅子 

 

  電力・温度計測器 

プレゼント致します。

大変お得です!

他社 大手ハウスメーカーさんなど 高気密・高断熱住宅をご検討の方、相見積もり大歓迎です

同等、それ以上の性能を、お得なお値段で新築できます!

はんこを押す前に、ご検討ください!

 

  「モニターハウス」って何をすればいいの?  

まずお客様が建てる家を、当社がご入居前の一定期間借り受け、オープンハウスとして公開させていただきます。

また初期のヒアリングからプランニング、住宅の着工から完成までのそれぞれのプロセスでの取材・写真撮影・アンケートなどにご協力いただきます。

それらのデータは、当社のパンフレット、チラシ、雑誌の広告、ホームページなどで使用させていただきます。

 

お問い合わせ お申込み

お電話 

029-350-1015

までお問い合わせください。
 

または、メールフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ
 

ファックス 050-3737-2423 でも受け付けています。
 

こちらのホームページをご覧いただき、問い合わせしていただいた方限定です

 

当社施工範囲内で、打ち合わせが終わり次第、着工できる方

限定1棟とさせていただきます。

オープンハウス期間が重複しないよう、受付を随時調整致します。

 

 

北関東の高断熱住宅

 新しい家なのに、つま先が冷たい・・・

なんていうことがないように、住宅の断熱性能は大切です。

家の中で温度差があると、ヒートショックの危険性があります。

長生きするには高断熱住宅です。

 冷暖房費が、1万円以上かかっている・・・

家も“燃費”が大切です。

高断熱住宅なら、冷暖房を安く出来ます。

 

 NPO法人 新住協 発行の「北関東の高断熱住宅」

もう寒い部屋に、がまんすることはありません。

 省エネ : 冷暖房費が、月 5,000円 以下の住まい

 快適 : エアコン1台でも、家中 “常春” で快適 ♪

 健康 : ヒートショックの心配なし、健康住宅

 NPO法人 新住協

室蘭工業大学  鎌田 紀彦教授が 代表理事を務める、特定の営利団体からは独立した開かれた民間の技術開発団体です。
これまで、全国の工務店、設計事務所、建材メーカー、建材販売店、大学や公共の研究機関が参加し、住まいづくりの実践現場と研究機関とが係わり、生きた情報を交換し合うことで、革命的な住宅技術を開発してきました。

そして、その技術を独り占めすることなく、お互いにわかちあうことで、より安価で高品質な汎用技術へと育ててきました。

誰でもがいい家を求められる社会環境づくりをめざして活動しています。

新住協の推進するQ=1.0(キューワン)住宅を「一言」でいえば超省エネの高断熱住宅です。
例えば150㎡の一般的な住宅を次世代省エネ基準(Q値Ⅱ地域1.9W,Ⅲ地域2.4)レベルで建てたとします。
それをQ1住宅にすると、年間暖房エネルギーの灯油換算 盛岡では1350㍑→500㍑(床面積1㎡あたり3.3㍑) 仙台では1300㍑→280㍑(床面積1㎡あたり1.87㍑)と計算されます。
暖房エネルギーは1/2~1/4になります。

 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法