注文住宅 茨城県水戸市 高断熱・省エネ住宅なら ライフボックス一級建築士事務所

 

 
 
 
 
 

015


 

気密工事って本当に必要?

暖かい家にするために、気密工事は欠かせません。
いくら暖房しても、温めた空気を逃がしてしまっては、元も子もありません。
隙間風で、換気は取れるのではと思いがちですが、残念ながら換気量をコントロールできませんのです。
温度差、風の強さで換気量が大きく違ってしまうからです。


 

費用はどれくらいかかるか?

壁 天井に気密シートを張ります。

費用は原価で1㎡あたり1000円程度。

35坪くらいの家で、家全体で30万円程度。


無駄な換気扇も動いている・・・

気密工事をせずに、建築基準法で定めれた24時間換気扇をトイレなどに設置している住宅会社があります。

給気口はリビングや寝室に設けています。

計画では、リビングなどからトイレへ向かって空気の流れを作る想定ですが、実際にはトイレの廻りの隙間風を取り込んでいるだけで、リビングから空気はひっばれません・・・

まあ、やらないよりはいいのかもしれませんが、無駄な電気を使っています。

 

以前日経ホームビルダーと実験をして実証しました。

 

初期投資、35万円は大きいかもしれませんが、長い目で見れば、光熱費削減・病気防止・快適性の向上になります。

新築の時にはぜひご検討ください。

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法