注文住宅 茨城県水戸市 高断熱・省エネ住宅なら ライフボックス一級建築士事務所

 

 
 
 
 
 

モノと暮らし・住まい

住宅展示場や設備機器メーカーのショールームはとても美しい空間です。
お洒落な家具が並び、センスよくコーディネートされたインテリア雑貨。
整然としたクローゼットは、収納量たっぷりで物が沢山入りそうです。
素敵な家に住みたい!という気持ちが高まります。

しかしながら、実際の暮らしは多くのモノに囲まれています。

ショールームのような状態での暮らしはなかなかできません

私たちはモノに囲まれて暮らしています。
朝起きれば、顔を洗い「タオル」を使い、「箸」を使いご飯を食べる。
会社へ行けば「ペン」を使い仕事をし、「手帳」でスケジュールを管理する。
夜自宅へ戻れば「TV」を見て、「お風呂」で疲れを取る。
「モノ」のない暮らしは考えられません。
何気なく使っている、「モノ」
買うときは、自分なりに選択して家に招いている「モノ」
いつの日か、手元から離すことになる「モノ」
それでは、「モノ」と暮らしと住まいとの関わり合いはいかにあるべきか?
ライフボックスは、真摯に取り組んでいきたいと思っています。 

モノの適量とは?

モノの適量ってどれくらいなのでしょうか?

例えば、バスタオルは一人何枚?

最低は1枚。

朝洗濯して、夜使えば1枚でもOK?

他のモノも多ければいいというわけではなく、最低限の量があり、適量があり、適量オーバーがある。 

ライフボックスは、モノの適量がどうあるべきか?

を追求していきたいと思います。 

 

捨てる技術よりも「受け入れる」技術。

今持っている、「モノ」をいかに処分するかという技術(?)がもてはやされています。

でも、「モノ」 暮らしな大きな大河の流れのよう。
常に新しものが流れきて、流れていきます。

出口をせき止めれば、モノは貯まっていきます。
貯まることを解決することも大切ですが、その前に入ってくるモノをいかに管理していくか?
ということも大切です。
入ってくるモノが少なくなれば、おのずからモノは少なくなっていきます。


買うモノ 人からいただくモノ
日々、モノは増えていきます。

自分なりのモノのフイルターをいかに創っていくか?

大切な事であると思います。

 

数よりも質を

大量生産、大量消費のスタイルから脱却をしたいですね。


数をそろえるよりも、数は少なくても
良質なモノ
好きなモノ
愛着をもてるモノ
に囲まれた暮らしを目指したいものです。

モノを愛し、モノから愛される暮らし。

ライフボックスは実現させたいです。

 

「捨てる」基準

モノを買い換える明確な基準を設けたいですね。

 

通常は感覚で行っているとは思いますが、

洋服 ・・・  生地が痛んできた。

など

捨てる基準があるといいです。 

モノを大切にすることも大切ですが、機能的に性能が落ちてしまったものを長く使い続けることは避けなければならないと思うのです。

使用期間もひとつの目安ですね 

 

借りる暮らし。

モノはすべて「所有」する必要はないと思います。

使用頻度を考え、頻度の低いものは借りる。
変わる可能性の高いものも借りる。


本は一度読んだら、再読する可能性は低いので図書館で借りる。
お気に入りの手元において、読み返したい本だけを手元に置く。
お客様用ふとんや喪服は借りる。
車も毎日乗るのではないなら、レンタカーやカーシェアリング。


住宅も本来借りたほうがいいのかもしれません。
独身時代、新婚時代、子育て時代、老後時代と
年齢によって、住まいの間取り、暮らし方も変わっていくはず。
だったら、各時代用の賃貸住宅を充実させて、住替えを促進したほうがいいのかもしれませんね。
 

家具と建築

今の手持ちの、本棚 タンス 収納ボックス リビングボード 食器棚など、長年使っている収納家具には使い易いもの・使い慣れたものも多くあるはずです。

今持っている家具を、新しい住まいでいかに活かすかを考え、プランニングの段階で家具の配置を考えたいものです。 

 

 衣類収納

衣類はモノの中で最も収納スペースを多く必要とするアイテムです。収納スペースの種類には次のような方法があります。

クローゼット

基本的に部屋に「家具を置かない」前提。
ハンガーラックや棚に扉をつけたスタイル
大きさは畳半畳~1畳程度
ドアの形状には折戸と引き戸などがある。
扉を無くしてロールカーテンも可能。  

ウォークインクローゼット 

クローゼットの中に人が入ることが前提。
手持ちのタンスや家具を置くこともできる。
大きさは最低二畳程度必要。
換気用に窓があるとよい。
カーテン、ブラインド、照明も必要 

ウォークスルークローゼット  

寝室と洗面室の間に設ける、出入口を二方向にとる、廊下の一部にとるなど、他の部屋と繋がりを持つスタイル。
スペースが必要で、十分な間取りの考案が必要 

タンス、チェストなどの家具の収納 

押入内のボックスなど収納の中を更に区切る物を設け収納  

洋服の収納方法

吊るす

コート、ジャケット、スーツ、ワンピース

パンツ類、シャツ、ブラウス

ネクタイ、小物類(ベルト、マフラーなど)

バック類

丈の長いものと短いもの、幅広のものと狭いものがあります 

たたむ、まるめる、重ねる   

セーター、Tシャツ、下着など

収納ボックス、引き出しに収めます

高さと奥行きに合う収納方法を考えましょう

置く

鞄、バック、帽子、アクセサリー、スカーフなどをケースや箱に入れて棚に置く

仮置きスペース

一度着ただけで洗濯しない服をかけておく。

着回しコーディネートをするなど。

このスペースがあると洋服が散らかることが少なくなります。 

 自分に合う収納スタイル

収納は、

「吊るす収納」 と ボックス、引出し、タンス、棚などを利用する 「置く」収納に大別できます。

 吊るす収納はひと目でモノが確認でき、取り出しやすく

さらにシャツなど、洗濯用で干したモノをそのまま掛けることができ、

衣類をたたむ手間がかかりません。

フックや専用のハンガーを利用すればバックや小物類も吊るすことができます。

置く収納は衣類をたたむことは少し手間がかかりますが、たたみ方を工夫すると

タンスや引出しタイプのボックスは大量の衣類を収納することが可能です。

棚は可動棚にしたり、増やすことができるようにしておくと便利に使うことができます。

何をどのように収納するか、自分に合う収納スタイルをも考え、実践しましょう。

 

収納計画のチェックシート

収納計画を進めるために、日常の暮らしを振り返ってみましょう。

・片付けや整理整頓はできていますか (得意 苦手 どちらともいえない) 

・家にある物は多いですか?少ないですか? 

・コレクションしているものはありますか? 

・趣味専用の部屋やスペースが必要ですか? 

・片付かない物は何ですか(洋服、本、DVD、台所用品他、趣味のもの 他) 

・片付かない部屋はどこですか(玄関 リビング キッチン など具体的に) 

・新しい住まいに取り入れたい収納スペースはありますか?

(納戸 クローゼット 食品庫  など) 

・今使っている家具やボックスは新しい住まいで使いますか?

ほぼそのまま使う  使わない  わからない 

・「収納計画を主体に間取りを考えること」に興味がありますか?

   ある    ない   わからない 

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法