注文住宅 茨城県水戸市 高断熱・省エネ住宅なら ライフボックス一級建築士事務所

 

 
 
 
 
 

地震に強い家のために

耐震等級 2・3を自社設計します。

耐震等級2とは、数百年に一度程度発生する地震による力の1.2倍の力に対して、倒壊、崩壊等しないものです。

耐震等級3とは、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊、崩壊等しないものです。

当社ではCADシステムにより、構造計算を自社で行っています。

自社で行うことにより、プランニングの初期段階より耐震等級2・3を確実に確保できるようになります。

 

1階と2階の柱・壁の重なりをチェックします。

耐震性で、重要な項目の一つです。

建物の重さは、屋根→2階の梁→2階の柱→1階の梁→1階の柱と伝わります。

1階と2階の柱・梁の重なりが少ないと、力の伝わりが複雑となり、地震に弱くなってしまいます。

ライフボックスでは、1階と2階の柱・梁の重なりを専用CADでしっかりチェックします。

 

 

家の重さの中心と家の強さの中心を合わせます。

建物の重さの中心と強さの中心のずれが大きいと、地震の時に大きく建物が揺れてしまいます。

しっかり、設計時に建物の重さの中心と強さの中心を合わせるようにします。

 

古地図で土地の記憶を確認します。

いくら強度の強い建物としても、それを支える地盤が弱いと大きな被害を受けます。

今回の東日本大震災でも、古い家よりも比較的新しい家の被害が多く見受けられました。

古い家は、昔ながらの地盤のいいところに建てられたケースが多いためだと考えられます。

ライフボックスでは、古地図で元々の土地の記憶を読み解きます。

 

 LIXIL スーパーストロング構造体バリュー

地震に強い家 「耐震等級3」相当 です。

 

3世代持つ家づくりのために

ルーフバルコニーはできるだけ設けません。

2階バルコニーの直下に部屋があると雨漏れのリスクが高くなります。

ルーフバルコニーの勾配は「屋根」であるにもかかわらず、勾配がゆるく水が逃げにくい構造です。

間取りの段階で、できる限りルーフバルコニーは設けないようにします。

 

軒の出を設けて、外壁面に雨を当てません。

モダンデザインで、軒の出がない住宅が流行しています。

しかし、軒の出がないと雨水が直接外壁にあたってしまい、建物の耐久性が低くなってしまいます。 

 

セルフ・プランニング 【設計教室】

10のステップを踏めば理想のわが家がプランできる!

家づくりの意味や家族のあり方を考えながら、家づくりの可能性や楽しさを発見できるユニークなプログラムです。
暮らす人の個性、美意識、人生設計などを確認。
世界に一つの、自分たちの家のプランニング法を学べます。

教室は無料です。

テキストのみ、有料=2,940円(税込) ご購入いただきます。

 

 

ぜひ、お問い合わせください。

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法