注文住宅 茨城県水戸市 高断熱・省エネ住宅なら ライフボックス一級建築士事務所

 

 
 
 
 
 

住まいづくりに対する代表の 「思い」

 私が、住宅を建築する上で、重要であると考えることです。

 環境共生

  世界の人口は、産業革命以後わずか100年余りで3倍となりました。
(人類の歴史は10万年です)
それに伴い、エネルギー消費も爆発的に伸びています。
住宅の建築においても、次世代に現在の(いやそれ以上の)住みやすい環境を引き継ぐことは、大変重要であると考えます。

 

健康住宅

 現代の住宅において、石油化学製品をまったく使用しないで、建築することは不可能に近いでしょう。
しかしながら、人が長年親しんだ、木材・天然石・土・紙・金属といった自然素材に勝るものはないでしょう。
また、太陽光の有効利用、風をうまく利用した換気も大切であると考えます。

 

耐久性

 日本の住宅の寿命は、欧米の半分以下です。
(日本の住宅の寿命 約36.6年)
戦後、質より量を重視した住宅施策の弊害でしょう。
住宅を自分の代のみで考えるのではなく、子供、できれば孫の代まで考えて建築することが重要であると考えます。

 

耐震・耐風性能

日本は地震と台風が、非常に多い国です。
住宅の目的の、命を守るという機能は、必要最低限のものであると考えます。

 

価格について

ライフボックスでは、

 展示場を作らず、工事中の建物、竣工済建物をお見せする。

 営業マンを置かずに、社内経費を抑える。

 成長を追い求めずに、「足るを知る」こと

により、1円でも安く、お客さまへ住まいを提供できるよう努力しております。 

 

また、資材関係については、加盟しています、「エコ民家」の全国工務店の連携による、スケールメリットにより、大手と同等以上の価格にてご提供できます。

ネット建材会社も活用し、ご希望の商品がマッチすれば、アウトレット価格での仕入れも可能です。

 

家づくりへの思い

このたびは、ホームページへのご訪問、ほんとうにありがとうございます。

私は、環境への負担をできるだけ少なくしながら、真冬でも素足でも暮らせる暖かい家の普及をすすめる、有限会社 ライフボックス(水戸市)の代表者で、所 栄一と申します。
快適で、光熱費のあまりかからない。「燃費半分の家」を、大手住宅会社にはできない価格でお客さまに提供していく仕事は、本当に大変です。
でも、苦労して材料を集め、職人さんと一緒に汗を流して建てた家を、初めてお客さまにご覧になっていただき、心の底からの笑顔を見せていただく瞬間は、日ごろの苦労や疲れもふっとんでしまうほど嬉しいものです。
この瞬間に出会うたび、「今まで建築の仕事をしてきて、ほんとうによかったなぁ」と思います。

家づくりが大好きです

私は桂村(現 城里町)の出身で 、沢山小学校から桂中学校(クラブ:卓球部)、県立緑岡高校(クラブ:文芸部)、日本大学 生産工学部 建築工学科(クラブ:新建築会)へと進学しました。
最初の会社に入社したのは、昭和62年。バブルの絶頂期でした。建売住宅を、主に建築していた会社でした。販売すれば即売。人気がある建物は、抽選で20倍なんてことも。いい時代でした。
そんな会社もバブルがはじけ、いつの間にか経営不振に陥ってしまいました。銀行が経営に入り、人員削減がはじまり、私も、会社都合により退職することに・・・人生で初めて眠れない日々を経験しました。
これを機に、生まれ育った地元、茨城県へUターン。某住宅会社に6年余り勤めました。
しかし、”会社の利益”のために、自分の信念を曲げて、仕事をすることが間々ありました・・・
「お客様と、真っ正直な心で仕事がしたい。」
そんな気持ちが次第に大きくなりました。一度しかない人生、自分らしく生きていきたい。
平成19年から家業である所建設へもどり、会社名をライフボックスと改め3代目を務めさせていただいております。
お客様とじかに触れ合い、人生を共有したい。
人一倍強い「思い」を持っています。
心が共鳴できる皆さんとお付き合いできれば、このうえなく幸せです。
子どもの頃からモノを作るのが得意で、専門の勉強をして家づくりを一生の仕事に選んだ、建築大好き人間です。

エコへの思い

本物のエコロジー建築とは、愛着を持って何世代にもわたって住み続けていただける「美しさ」を持つ住宅のことだと思います。
そして、このような愛着を持てる住まいづくりへの想いを持つお客さまと、その想いを受け止めて具体化する建築業者の二人三脚の共同作業が、美しい住宅をつくりだす魔法の時間を生み出すのです。
この建築のプロセスを楽しみ、家族の想いをひとつにする時間をゆったりと持つことこそ、住まいづくりの大切な目的です。
そんな私が最近気になっていることは、太陽光発電を屋根に載せただけで「地球に優しいエコ建築」と謳うような、表面的な取り組みでエコロジーを「商品」化してしまう住宅会社が多いことです。
そこで、ほんとうにエコロジーでありながら、とびきり居心地のよい家をつくる知恵を、少しでも多くの方に伝えたいと思ったのです。

「のれん」を守り、育てる心で家づくり

私の経営する小さな建築会社には、大きな会社のように「ブランド」はありませんが、古くからの老舗がこだわってきたような「のれん」の心を大切にしています。
先日、全国の仲間たちとの研究会で、海外の「のれん」にこだわる異業種の企業理念を学びました。
ジーンズで有名な「リーバイス社」は、何十年も昔のジーンズを愛用しているお客さまを探し出し、高額で買い取ることで自社製品への愛情をアピールしました。いっぽうで、製造を委託していたアジアの国で子供が労働に狩り出されている事実を掴むや、ただちにその子供たちが成人するまでの奨学金を支払うことを約束したうえで、取引を中止しました。
また、日本でも目にするようになった衣料店の「ギャップ社」は、すぐにあきて使わなくなるような柄物を排除し、あきのこないデザインと色を商品化の基本においています。しかも、米国では永久保証(ほぼ理由を問わずに返金もしくは交換)、日本でも購入から2週間以内にその商品が値引きされていたら、レシートを提示すれば差額を返してくれるという独自の返金システムを導入するなど、消費者の絶対的な信頼を得ることを社是としています。
使い捨てを是とする「流行」を追い、最後は値引きで自ら価値をなくしてしまうファッション業界において、「不易(ふえき~流行の反対語)」を大切にする企業が多くの消費者の支持を得て、発展していることに感動を覚えます。
私が建てた住宅がリーバイスやギャップのように愛着を持ってメンテナンスされ、何世代にもわたって大切にされ続けることを夢見ています。

本物はいい。本物がわかると楽しい。

私が建てている住宅のお話を少しだけさせていただきます。
最近では匠(たくみ)の技を持つ本物の大工さんが少なくなったといわれますが、私のこだわりに賛同いただける3人の本物の大工さんに協力していただいています。
いい素材を使い、腕のいい大工によって作られた家は、床にしても階段にしても非のうちどころのない仕上げになります。それは見事なものです。
この3人の大工さんが1年間に建てられる5棟が私の会社の限界です。これ以上の仕事は、残念ながら翌年まで待っていただくことになります。
パタパタと効率優先で流れ作業で仕事をし、商品として売りさばいていく建築はやりたくありません。
私共は地元の人間であり、この地に家を持ち、楽しく近所付き合いもし、将来とも暮らしていきます。お客様ともお互いに顔の見えるお付き合いをお願いしたいと思っています。
私共は、家は「商品」ではなく、建て主の方と、私共と職人さんとで創り上げる、一品生産の作品であると考えております。 

 

私の住まいづくりの考え方について、一部を紹介させていただきました。また、長い文章を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
あなた様のご家族のご多幸とご健勝を、心よりお祈り申し上げます。 

有限会社 ライフボックス   代表取締役  所 栄一

 


 

 ライフボックスの目指すもの

 

 住宅システムの開発 運営 

商品開発

部材の共同仕入れ

標準納まり図

工程・品質管理システム

営業

など、一つの工務店・設計事務所が行うのではなく

複数の共同体で行えば、効率的になることがあります。

 

ライフボックスは、共同体の構築を目指します。

ご興味の有る方は、ぜひご連絡を!

 

住宅産業の特徴とは

 

 高額商品

 数千万円。一生に一度の一番高い買物といってもいいと思います。

 

出来上がっていないものを、返品不可で買う。

自動車や家具だったら、不良品でしたら返品できます。

しかしながら、住宅は契約して工事を行って完成したものは、よほどのことがない限り、解約(返品)できません・・・

 

 住宅産業は、クレーム産業。 

欠陥住宅は年間10万棟。全体のなんと8%もの高い確率で発生しています。

家づくりを、数千万というお金をかけた、当たってうれしくないギャンブルとしてはいけません。

 

職人による単品生産

住宅の部品数 数万点とも言われます。 

また、この世の中に、まったく同じ住宅は存在しません

また職人が次々入り、欠陥があった場合の原因がはっきりしないということもあります。 

工業製品のようなとらえ方をさせる場合がありますが、住宅は手作り “ハンドメイク” です。

現場での世界で二つと同じものはないモノづくりです。

 

企業の規模格差が大きい。

年間数万棟施工する住宅メーカーから、年間数棟の工務店までが同じ土俵で戦っています。

このように、企業の規模の格差が大きい産業は、他にありません。

 

交渉する必要があるお買い物

素人の施主が、専門知識のあるプロである住宅会社と間取り・金額などを交渉する必要があります。

しかも定価というものがありません

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法