注文住宅 茨城県水戸市 高断熱・省エネ住宅なら ライフボックス一級建築士事務所

 

 
 
 
 
 

キッチンスタイルと収納

キッチンのスタイルにはいくつかのタイプがありますが、実は収納スタイルと連動しています。

家族構成や普段の暮らしをシュミレーションしながら、どんなレイアウトが理想か考えてみましょう。

オープンキッチン

アイランドキッチンやペニンシュラ(半島)型キッチンは、ダイニングやリビングと一体になっている開放的なキッチンです。
アイランドキッチンは部屋のセンターにキッチンセットを配置、ダイニングテーブルを繋げて料理も食事も家族が一緒に楽しめるスタイル。
背面や側面に収納スペースが必要です。

 

セミオープンスタイル

対面式キッチンで一部だけをオープンにするスタイルです。
レンジ前は壁にする、シンク前は手元が隠れるように腰壁を立てる、キッチンは壁面に設置して対面のカウンターでダイニングやリビングとの間を仕切るなどいくつかのタイプがあります。
壁面を活かして収納スペースを確保しつつオープンな広がりもある多彩なスタイルです。

 

かつては戸建て住宅、団地でも一般的だった台所と食堂が一体となったキッチンです。
キッチンと冷蔵庫があり、食器棚、電化製品の棚が食卓と同じ空間にあるので、家族揃って食事をとり料理を楽しむ暮らしには最もくつろげるスタイルです。

 

クローズキッチン

 

 

キッチンの基本は ⇒ 調理機器、洗い場、冷蔵庫の配置です。

そして「家電・食器・食品の収納」が整っていることが大切です。

さらに「ゴミのスペース」もきちんと考えましょう。

「それぞれの定位置」をしっかりと決めてすっきりとしたキッチンを目指しましょう。

ページ先頭へ

 

 

 
 
ホームページ作成方法